本文へスキップ


湯築城跡

道後温泉周辺 > 湯築城跡 > 湯築城資料館 > 湯築城物語



湯築城は、二重の堀と土塁を巡らせ、その中に居住空間を持つ先駆的な「平山城」の形態をなす中世伊予国(現在の愛媛県)の守護河野氏の居住として、約250年間存続しました。
南北朝時代の始め頃(14世紀前半)、河野通盛によって築かれたといわれています。
通盛の祖先には、12世紀末の源平合戦の際、水軍を率いて活躍した通信、13世紀後半の蒙古襲来の際活躍した通有がいます。
通盛は、それまでの河野氏の拠点であった風早郡河野郷(現在の北条市)からこの道後の地に移りました。
築城に関する文献は残っていませんが、河野郷の居館が寺(善応寺)になった時期や忽那家文書の記述などから、遅くとも建武年間(1334年〜1338年)には築城されたと推定されています。
河野氏は、その後讃岐から攻め入った細川氏との戦いに敗れ、湯築城は一時占領されましたが、守護職とともに湯築城を奪い返しました。
しかし、近隣諸国から幾度となく攻撃を受けたり、お家騒動〔惣領職の継承をめぐる分裂)や内紛〔家臣の反乱)を繰り返し、その地位は決して安泰ではありませんでした。
天正13年〔1585年)、全国統一を目指す羽柴〔豊臣)秀吉の命を受けた小早川隆景に湯築城は包囲され河野通直は降伏し、やがて湯築城は廃城となりました。


クリックすると英文説明が表示されます

道後公園全体平面図