源平合戦と河野通信
5.父通清の戦死
 始め、源氏方は苦戦、そのため息子の通信は九州の源氏方の応援に出かけました。
 その留守中のこと、父の通清は平家方の備後鞆の浦(広島県)の奴可入道西寂(ぬかにゅうどう
 さいじゃく)らの軍に攻められたのです。
 そして通清は勇戦むなしく、高縄山で西寂の策により戦死します。