戦乱の南北朝時代
24.孤立する幼少の通堯
 世田山城で戦死した通朝の跡を継いだのは、まだ幼少だった徳王[元服後は通堯(みちたか)]
 でした。
 父の通朝、祖父の通盛の死去と相次いで後盾を失い、いまや天涯孤独(てんがいこどく)の
 身となりました。
 世田山城から逃れ、風早郡の恵良(えりょう)城で元服し、通堯と名乗りますが、
 その恵良城も細川軍に包囲されます。