海のジャンヌ・ダルク1 陶晴賢を迎え撃つ伊予水軍


大内氏随一の家臣陶晴賢が、五千の兵を率いて大三島を襲いました。強力な大内水軍の前に、伊予水軍は劣勢となり、越智安成は恋人の鶴姫に別れを告げて決死の突撃に出て行ったと伝えられます。