朝鮮の役1 肥前名護屋城と日本水軍


豊臣秀吉は、1592年、朝鮮への出陣基地として肥前名護屋城を完成させました。周囲は各大名の陣屋で埋め尽くされましたが、特に水軍を担当していた来島道総や加藤嘉明の陣は徳川家康陣などと並んで、名護屋城対岸の重要ないちを占めていました。