羽柴秀吉の四国攻めと海賊禁止令2  海賊禁止令


四国攻めで武吉も秀吉に逆らいませんでしたが、秀吉は戦国的な海賊であった武吉の勢力を一掃しようとしていました。秀吉は海賊行為を取り締まったり、領地替えを命じたりして武吉の力を奪いましたが、1588年の海賊禁止令で、名実ともに戦国時代の海賊は姿を消したのです。